JAS構造材のメリット

JAS制度とは

 JAS制度とは「日本農林規格等に関する法律」に基づき、農林物資の品質等を対象に規格、いわゆる日本農林規格(JAS規格)を制定・普及させることにより、農林水産業及びその関連産業の健全な発展と一般消費者の利益の保護に寄与することを目的とした制度です。

JAS製品について

 木材は生物資源であるため、産地や気候等によって同一樹種、同一寸法であっても品質に差異が生じるのが一般的です。しかし、JAS製品はJAS規格により一定の品質・性能を管理して製造されたもので、明確な品質・性能を保証します。また、JAS規格は使用する用途に応じて品目を区分しているため、各建築部材に求められる品質・性能に合った確実な資材選択を容易にします。
 JAS製品は誰でも製造できるわけではなく、農林水産省に登録された民間の登録認証機関が認証した製材工場・販売事業者のみが製造できます。

JAS構造材のメリット

 JAS製材品は、寸法精度、材面の品質が明確であり、また、国土交通省が定めた告示で有利な基準強度が与えられているため、設計自由度が高まります。したがって、設計・建築関係者のビジネスリスクを軽減し、顧客に喜ばれる物件の創造につながります。
 CLTは構造躯体として建物を支えると共に、断熱性や遮炎性、遮熱性、遮音性などの面で複合的な効果も期待できます。木の表面をそのまま見せて用いると、木目や木の肌触りを感じる心地のいい空間ができます。その他、工場内で一部の材料を組み立ててから現場に搬入(プレファブ化)すれば、施工期間を短縮することができます。
 

ページの先頭へ戻る